ドローン DRONE 長崎 空撮 ブラタモリ NHK クローズアップ現代 プロドローン


HOME > Privacy policy

プライバシーポリシー

個人情報保護に関する基本方針

あおぞら映像(以下当社)では、お客様の氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報(個人を特定出来る情報)について、以下の方針で取り扱います。
1.法令の順守当社は個人情報保護法に関して適用される法令を遵守し、当社が保有する個人情報の保護に努めます。
2.個人情報の利用ご提供頂いた個人情報は、お申し込み頂いた商品及びサービスの他、これらに関する商品及びサービスからの案内、お客様への情報の提供、アンケート、調査、統計資料、マーケティング資料などの作成及び、これらの事業に関する研究や企画開発に利用する場合があります。
3.個人情報の管理当社が保有する個人情報の漏洩、減失又は棄損の防止に努め、厳正な管理の元に保管致します。
4.個人情報の外部委託当社が保有する個人情報の処理を外部に委託する場合には、漏洩や目的外の利用を行わないように契約を義務付け、厳重な管理、指導を行います。
5.個人情報の開示・訂正・利用の停止当社の保有する個人情報について、お客様から開示・訂正・利用の停止などの要求及び相談があった場合には、誠意をもって適切に対応致します。免責事項ウェブサイトご利用に関する免責事項 あおぞら映像のウェブサイトをご利用頂き、誠にありがとうございます。お客様にはあおぞら映像のウェブサイトをご利用頂く事で、以下の免責事項にご承諾頂いたものと致します。
 あおぞら映像(以下当社)が当サイトにおいて提供するすべての情報について、その正確性、有用性、最新性、適切性などその内容について何ら法的保証をするものではありません。 当社が提供する情報及びリンク先のサイトの情報については、その合法性や道徳性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載しておりますが、その情報収集や閲覧については利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、当社はいかなる責任も負いかねます。 当社が提供する情報、リンク先のサイトの情報ついて、主観的な評価情報、時間の経過による変化、伝聞情報が含まれることから、その完全性、正確性、安全性等いかなる保証も行っておらず、当サイトの内容の変更、一時停止、中止、欠陥及びそれらが起因又は関連して発生した損失や損害については一切責任を負いかねます。 電話やフリーメールなどのなりすまし行為、違法売買行為、営利及び非営利目的の勧誘行為等、当サイトを利用した利用者の違法又は不適切な行為により他の利用者に損失や損害が発生した場合でも、当社は、かかる損失や損害について一切の責任を負いかねます。また当社は、利用者に対し、当サイトの変更、一時停止、中止、欠陥及びそれらに起因又は関連して発生したすべての損失や損害については一切責任を負いません。また、予告無しに当サイトを一時停止をする場合があります。このことにより発生したいかなる損害についても保証いたしません。
 当サイトの利用者と第三者との間でトラブルが発生した場合は、当事者間で解決を図るものとします。著作権についてウェブサイトに掲載されている内容の著作権について あおぞら映像(以下当社)のウェブサイトにて掲載している、画像・映像・音楽・文章・デザイン・ロゴマーク等に関する著作権は、当社及び掲載に同意を頂いた法人及び個人が有しています。また当社が撮影した画像、および制作物の著作権は当社が有します。許可なく画像・映像・音楽・文章・デザイン・ロゴマークの転載・複製の一切をお断りいたします。撮影させて頂いた写真の著作権について 著作権法では、著作物を「思想または感情を創作的に表現したものであって文芸・学術・美術または音楽の範囲に属するものをいう」と定めています。ここには写真も著作物として含まれます。(・著作権法2条1項-1・昭和61年東京地裁判決)
 あおぞら映像で撮影される写真または動画は、構図、カメラアングル、光源の選択や調整、シャッターチャンスなどの選択や調整に独自の工夫をしています。そのほかにネガ又はデジタルデータへの修整や、プリント制作のプロセスにおいて独自の工夫をしており、これらは著作物として認められています。パスポートや免許用・受験用の証明写真であっても、お客様の顔立ちによって光源をを工夫したり、表情やポージングやシャッターチャンスに独自の工夫がされていれば、著作物として認められます。 あおぞら映像では、お客様より撮影や写真作成の委嘱(以下ご注文)を頂き、有償で撮影や写真作成を行っておりますが、ご注文を頂き有償で撮影・作成した写真であっても、著作権は委嘱者(お客様)ではなく著作者にあり、著作物と、その複製の権利は著作者が保有します。複製権は著作権の根幹をなす権利で、著作者に無断で複写・複製することは、著作権法違反であり、罰則の対象になります。あおぞら映像では原則的にネガ又はデジタルデータの譲渡を致しません。その理由の一つとして複製権の保有があるからです。そのほか、色調や濃度、トリミングなど、写真の品質を確保し、あおぞら映像の作成物としての責任を持つため、譲渡を行わず自ら複製を行う理由もあります。ただし、ネガ又はデジタルデータの譲渡(販売)を含め、財産権としての著作権は譲渡が可能です。お客様には、著作物ごとにあおぞら映像と別途ご契約をして頂く必要があります。
Aozora Eizo. All Rights Reserved.